病理診断科

病理診断科

病理診断科は医療の中で特に診断の一部を担当する部門です。
患者さんから採取される殆ど全ての臓器や組織が対象となります。

当院の病理診断科の主な内容

① 各科病理診断(生検、手術検体)
例えば、皮膚から切除された腫瘍の病名、臨床で診断が難しい発疹
胃カメラの時に摘まれた胃粘膜の小片が良性か悪性か
胃癌で切除された胃やリンパ節で胃癌の広がりやリンパ節への転移の有無、
などを顕微鏡で観察して診断し、その後の治療方針の決定に役立てます。

② 術中迅速診断

③ 細胞診
痰の中には様々な細胞が落ち込んでいますが、この中に肺癌細胞があるかどうか
子宮頸部の粘膜をこすり取り、子宮癌細胞があるかどうか、などの診断をします。

病理診断の結果によって治療方針が決定されますので、正確な診断が要求されます。
セカンドオピニオンの相談を受付ますので、気軽にご相談ください。
診療所からの依頼も受け付けます。